douwadehappy

童話でHappy♪

ハッピーエンドの童話たちが あなたの気分をHappy♪にしちゃいます
週2回(水・土辺りに)更新します

雪だるま
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - |
    雪だるま
    0
      塩を運ぶロバ(イソップ物語より)
      あるところに、重たい荷物を背中に載せて歩いているロバがいました。
      
      「重たいなぁ〜 暑いななぁ〜」
      
      ロバは、荷物の重さと、暑さでフラフラです。
      
      「ガンバレ、ガンバレ、もうちょっとだ!」
      
      そう言う、飼い主さんの声も、ボンヤリとしか聞こえないほど、
      ロバは疲れていました。
      
      やがて飼い主さんとロバは、川にかかる橋までやって来ました。
      
      フラフラなロバは、川を眺めて、一瞬気が遠くなりました。
      
      「危ない!」
      
      飼い主さんの叫び声を遠くに聞きながら、ロバは足を踏み外し、
      真っ逆さまに川へ落ちてしまいました。
      
      激しく水しぶきが上がりました。
      
      (冷たい!)
      
      全身が川につかってロバは大慌てで、もがきました。
      
      すると、川底に足がぶつかりました。
      
      ラッキーなことに、だいぶ浅い川だったので、
      すぐに立ち上がることができました。
      
      (あ〜、びっくりした)
      
      と驚いているロバのところに飼い主さんが、
      バシャバシャと水しぶきを上げながら走って来ました。
      
      「大丈夫か!」
      
      飼い主さんは心配そうな表情でロバの体をさすり、
      ケガが無いか確かめました。
      
      「うん、ケガは無いな」
      
      と、安心した声を出した飼い主さんは、
      
      「でも、積み荷が……」
      
      と、ガッカリした声を出しました。
      
      ロバが積んでいたのは塩がたっぷり入った袋で、
      川に落ちた拍子に、溶けてなくなってしまったのです。
      
      ガッカリしている飼い主さんには構わず、ロバは思いました。
      
      (水にぬれて、すごく涼しい、しかも、なんだか背中が軽いゾ。
       そうか! 重くて暑い時は川に入ればイイんだ、涼しくて、
       軽くなる!)
      
      
      次の日、飼い主はロバに軽い荷物を持たせました。
      
      昨日は荷物が重すぎて川に落ちてしまったのかもしれない、
      と思ったからです
      
      ロバは足取り軽く、荷物を背負って歩きました。
      
      そして、昨日も通った橋に差し掛かりました。
      
      ロバは思いました。
      
      (今日は荷物が軽いケド、昨日のように川に落ちたら、
       きっと、もっと軽くなるゾ)
      
      そして橋の上で、わざとよろけて川の中へ飛び込みました。
      
      “バシャーン!!!”
      
      昨日と同じように激しく水しぶきが上がりました。
      
      水の中はひんやりしていて気持ちよく、そして昨日と同じように、
      荷物が軽くなるはずでした。
      
      しかし、今日は軽くなりません。
      
      (おかしいなぁ、ぜんぜん軽くならないゾ)
      
      軽くなるどころか、どんどん重くなって行くような感じがします。
      
      ロバは足をバタつかせました。
      
      川底に足がついたので立ち上がろうとしました。
      
      でも、背中の荷物が重くて立ち上がれません。
      
      ロバは何が起こっているのか分かりません。
      
      ただただ、足をバタつかせてもがくばかりです。
      
      しかし、もがいても、もがいても、どんどん、どんどん、
      川の奥へ引きづり込まれていきます。
      
      (くっ、苦し……)
      
      ロバは足をバタつかせましたが背中の荷物が重くて
      どうにもなりませんでした。
      
      いっぱい足をバタつかせ、苦しくて口を開けると、
      たくさんの水が入って来て、さらに苦しくなりました。
      
      苦しくて苦しくて、だんだんロバは意識が薄れて行くのを感じました。
      
      薄れる意識の先に、
      
      「今、助けるぞー!」
      
      という飼い主の声が聞こえました。
      
      ────。
      
      やがてロバは目覚めると、川の土手に寝そべっていました。
      
      「よかった、意識が戻った」
      
      飼い主の心配そうな顔と、何人かの男の人の顔が見えました。
      
      溺れるロバを飼い主と数人の男の人が土手の上まで、
      引き上げてくれたのです。
      
      飼い主はロバに言いました。
      
      「今日は荷物が軽いようにと、綿(ワタ)を背中に乗せたから、
       川の水を吸ってどんどん重くなったんだなぁ」
      
      そして飼い主は暗い表情で続けました
      
      「それにしても、川に二度も落ちるなんて、困ったロバだ」
      
      ロバは助かりました。
      
      しかし、二度も橋から落ちて荷物をダメにしてしまったということで、
      売られることになりました。
      
      ロバは優しいご主人と別れるのだと気づくと、とても辛く、
      悲しくなりました。
      
      (こんな事になるなら、もっとまじめに、優しいご主人のために
       働ければよかった)
      
      遠くなるご主人を涙を浮かべた目で眺めながら、
      ロバはそう思いました。
      
      優しいご主人はロバのためにと、慎重に売り先を選んでくれました。
      
      そして、重たい荷物を運ぶのではなく、
      子どもを乗せて楽しませる仕事を見つけてくれました。
      
      しかも、小さな子どもを1人ずつ乗せる仕事です。
      
      ロバは優しかったご主人のことを思い出しながら、
      毎日まじめに、楽しく仕事をしました。
      
       
      
      おしまい

       

       

      JUGEMテーマ:創作童話

       

      続きを読む >>
      | 疲れていてもHappy♪ | comments(0) | trackbacks(0) |
      PR
      Happy♪を選んでね
      にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
      にほんブログ村

      最近更新したお話
      RECENT COMMENTS
      アンケート
      PROFILE
      PVアクセスランキング にほんブログ村

      童話でHappy♪のメルマガ登場!!
      メルマガ購読・解除
       

      童話・昔話・おとぎ話の「福娘童話集」

       
      このページの先頭へ