douwadehappy

童話でHappy♪

ハッピーエンドの童話たちが あなたの気分をHappy♪にしちゃいます
週2回(水・土辺りに)更新します

雪だるま
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - |
    雪だるま
    0
      将棋のとも(江戸小話より)

       横町のいんきょは将棋が大好きです。

       

       息子に自分の店を任せてからは毎日、将棋をさして暮らしています。

       

       相手は、若いころ商売を初めたときから仲の良い、表町のいんきょです。

       

       商売ではお互い競い合い、仕事が終わると酒を酌み交わし好きなことを言い合う、そんな付き合いを長年続けていました。

       

       お互い、いんきょとなり、競い合うのは商売から将棋に変わりましたが、それ以外はなにも変わらない毎日をおくっていました。

       

       今日も、朝から表町のいんきょの家で、将棋をさしていました。

       

       いつもなら、お互い、勝ったり負けたりの勝負になるのですが、今日は、横町のいんきょの調子が悪いのか、三連敗してしまいました。

       

      「今日はもうやめにするか?」

       

       との表町のいんきょの提案に、一勝もできず悔しい横町のいんきょは、

       

      「あと、もう一回」

       

       と、言って、四戦目に突入しました。

       

       しかし、対局が進むにつれ、横町のいんきょの旗色が悪くなって行きました。

       

       そして、ついに表町のいんきょに、厳しい手をさされてしまいました。

       

      「待った、それ待った!」

       

       横町のいんきょは大声で待ったをかけました。

       

       すると表町のいんきょは不快な顔をしながら言いました。

       

      「またぁ? これで三度目だ、もう、待ったはダメだ」

       

      「そんな、もう一回、これで最後だから、頼む」

       

      「ダメだ、早く負けを認めろ」

       

      「そこを、もう一回、ね」

       

      「ダメだ、ダメだ、ダメだ」

       

       と、表町のいんきょは、頑として譲りませんでした。

       

       朝からの調子の悪さで、ずっとイライラしていた横町のいんきょは、とうとう、

       

      「あー、もう、やめだ! やめだ!」

       

       と、かんしやくを起こして将棋盤の駒をぐちゃぐちゃにしてしまいました。

       

      「なんてことを」

       

       表町のいんきょは驚いた声を上げました。

       

       横町のいんきょは、癇癪の勢いのまま

       

      「長い付き合いなんだから、待ったくらいしてくれてもいいじゃないか」

       

      「何度も待ったしてやったじゃないか」

       

      「してやっただと〜ぉ」

       

       表町のいんきょが、あまりにも正論を言うので、不満の行き場を失ってしまった横町のいんきょは

       

      「もう、金輪際、お前と将棋はやらん!」

       

       と、言ってしまいました。

       

       売り言葉に買い言葉、そう言われた表町のいんきょは

       

      「おう、そうしよう、おまえと将棋をやるのは今日までだ」

       

       と怒ってしまいました。

       

       横町のいんきょは表町のいんきょをしばらく睨み付けてから

       

      「じゃぁな」

       

       と吐き捨てて、家に帰りました。

       

       

       さてさて、勇ましく家に帰って来た横町のいんきょでしたが、だんだん頭が冷えてくると、後悔の念が頭の中をめぐるようになってしまいました。

       

      (まったく、あの時、待ったなんかせず、負けを認めれば良かった)
      (そもそも、今日は調子悪かったんだから、将棋は早く切り上げて、酒でも呑みに行けばよかった)
      (そうしてれば、こんなことにはならず、今頃、楽しく酒を呑んでいただろうなぁ……)

       

       そんなことを考えていると、居ても立っても居られないくなりました。

       

       そして足は独りでに、表町のいんきょの家に向かっていました。

       

       角を曲がり、表町のいんきょの家が見えると、表町のいんきょも外へ出ていました。なにやら、ソワソワした感じで落ち着きがありません。

       

       二人は顔を合わせました。

       

       横町のいんきょは、少し迷いましましたが、意を決してツカツカツカと表町のいんきょに近づいて行きました。

       

       そして「さっきのは、頑固なおまえが悪い」

       

       と言いました。

       

       すると表町のいんきょは「なんだと、癇癪起こしたおまえが悪い」

       

       また言い合いが始まってしまいました。

       

      「なんだと、悪いのはおまえだ」

       

      「おまえの方こそ、悪い」

       

      「じゃぁ、分かった」

       

       横町のいんきょが話の流れを変えることを言いました。

       

      「どっちが悪いか、将棋で決着つけようじゃないか」

       

      「おう! 望むところだ!」

       

       表町のいんきょも受けて立ちました。

       

      「吠えずらかくなよ」

       

      「なにを、連敗中なのを忘れたか!」

       

      「それは、終わったことだ」

       

      「今度は、待ったなしだからな」

       

      「待ったは、三度までにしよう」

       

      「いや、ダメだ」

       

      「じゃぁ、一度だけ」

       

      「よし、一度ならいいだろう」

       

       と、二人は言い合いながら、家の中に入っていき、将棋盤に向かいました。

       

       こうやって、二人の付き合いは今後も変わらず続いていくのでした。

       


      おしまい。
       

       

      JUGEMテーマ:失敗は成功へのプロセス

       

      続きを読む >>
      | 素直になれなくてもHappy♪ | comments(0) | - |
      雪だるま
      0
        三方とも一両お得?(日本昔話より)

        江戸時代に争い事を仲裁する裁判官のような仕事をしていたひとのことを

        「お奉行さま」と呼んでいました。

         

        お奉行さまは、今日も争い事を訴えてきた二人の話しに耳を傾けました。

         

        「すると、虎吉、おまえは財布を拾ったんだな」

         

        「へい」

         

        と、訴えてきた一方の男、虎吉は、地面に座り

        ひょうひょうとした口調で言いました。

         

        「あっしが、道を歩いてると、財布が落ちてましてね、

         師走(12月)も近いのに財布を落とすなんて、気の毒だなぁ、

         なんて思って、なかを確認したら三両(江戸時代のお金)も

         入っているでね、 びっくりして、そしたら財布の中に

         住所と名前が書いてある紙があったんで、

         こりゃさぞかし困ってると思って、届けにいったんです」

         

        フムフム、とお奉行さまは大きく頷いてから、

         

        「して辰治、財布はおまえのものだな、わざわざ届けてもらったのに、

         なぜ受け取らぬ」

         

        辰治は“へい”と返事をしてから、少しトゲがある口調で言いました。

         

        「あっしの財布には間違いありませんが、落としたものは

         無くしたようなもの、金は天下の周りもの、

         最早あっしのものではありません。

         それは拾った者のもんです、だから受け取れないのです」

         

        フムフム、とお奉行さまは大きく頷いてから、

         

        「では、虎吉、辰治もこう言っているから、

         おまえがもらってしまえばいいではないか」

         

        「冗談じゃありませんぜお奉行様、この虎吉、

         拾ったものを自分のものにしようなんざ、

         よこしまな気持なんて、もっておりません」

         

        フムフム、とお奉行さまは大きく頷いてから、

         

        「辰治、わざわざ届けてくれたのだし、

         素直に受け取ったらどうじゃ?」

         

        「とんでもありません、わざわざ届けてくれたからこそ

         なおさら、わたしは受け取ることはできません」

         

        フムー、とお奉行さまは渋い顔をして、

        二人の顔を交互に眺めました。

         

        「では、自分のものではないから、二人とも、

         この財布を受け取らぬと?」

         

        虎吉と辰治は大きく頷きました。

         

        もう一度、今度は確認するように二人の顔を交互に見たお奉行さまは、

        フム、と一度大きく頷き言いました。

         

        「では、持ち主の無いこの財布は、わしがもらう事にする」

         

        そう言ってお奉行さまは、財布を懐の中へ入れてしまいました。

         

        「あっ、あぁー」

         

        と、二人がなんとも言えない声を出したので、

        お奉行さまは、

         

        「なんじゃ、わしの裁きに、不服でもあるのか?」

         

        そう言われてしまっては、二人とも反論できずに、

         

        「お奉行さまがそうおっしゃるなら、それで……」

         

        と、小首をかしげたり、なんだか煮え切らない、

        というような仕草をしながら、立ち上がりました。

         

        「あぁ、ちょっと待て」

         

        お奉行さまは帰ろうとしている二人を呼び止めました。

         

        二人は並んで、お奉行さまの前に座り直しました。

         

        「おまえたちのバカが付くほどの正直ぶりに、わしは感心した。

         そこでじゃ、おまえたちに褒美をあげたいのじゃが」

         

        「はぁ〜」

         

        二人はなんとも言えぬ声を出しました。

         

        お奉行さまは、懐から先ほどの財布を取り出すと、

         

        「ちょうど、この中に三両ある、ここに、わしが一両足して、

         四両、これを分けて、二両ずつ、おまえたちにやろう」

         

        「えっ!」

         

        驚いた表情の二人に、

         

        「気にするな、褒美じゃ、褒美」

         

        お奉行さまは笑いながら、二両ずつ二人に手渡しました。

         

        二両を受け取り、不思議そうな表情をしている二人に

        お奉行さまは、

         

        「落ちていた三両入った財布を、自分のものにせず、

         正直に届けた虎吉は、二両もらって一両の損。

         

         三両入った財布を落としたが、落とした後は、

         拾った者のものだから、と言って受け取らなかった

         辰治は、二両もらって一両の損。

         

         そして、そんな二人の正直さに、わしは褒美として、

         一両渡したから、一両の損。

         

         これでみんな仲良く、一両ずつ損して、

         丸く収めるってのはどうじゃ?」

         

        そう言われた二人は、

         

        「なるほど、なんか知りませんが、みんな一緒なら納得できます」

         

        「はい、わたしも異論はございません、ただ……」

         

        と、辰治が言うので、お奉行さまは、

         

        「ただなんじゃ?」

         

        「はい、この方法では、お金をもらえないお奉行さまは、

         大損ではないかと」

         

        「あ、確かに!」

         

        と、虎吉が声を上げました。

         

        二人の顔を見て、お奉行さまはニッコリ笑顔で言いました。

         

        「おまえたちは、ほんとイイ奴じゃなぁ」

         

        そして、いたずらっぽい笑いを浮かべて、お奉行さまは、

        二人に顔を寄せて、小さな声で言いました。

         

        「安心せい、お前たちを裁くことで、わしはお上から、

         三両の給料をもらえるのじゃ」

         

        それを聞いた二人は、

         

        「おおぉ、それならお奉行さまも一両損じゃ」

         

        「あっぱれ、見事な御裁きだ」

         

        と、喜びました。

         

        「それではこのご褒美、ありがたく頂戴しやす」

         

        それぞれ二両を両手で高らかに持ち上げ、

        深々と頭を下げて帰っていきました。

         

         

        二人が帰ったあと、お奉行さまの側で一部始終を見ていた

        立会人の若い男の人が、お奉行さまに近寄って来ました。

         

        「お奉行さま、あんな裁きをしてしまったら、

         二人で悪だくみをした者が、儲けようとウソをついてやって来ますよ」

         

        お奉行さまは笑いながら言いました。

         

        「そしたら、今度は、三人とも得とでもするかのぉ」

         

        「三人とも得?」

         

        「そうじゃ、三両を、一両ずつ分けて、三人とも得」

         

        「はて」

         

        と、若い男の人は少し考えてから、

         

        「なるほど、一両ずつもらえて得なようですが、

         三両持って来て、一両ずつでは、儲けがでませんね」

         

        「そうだな」

         

        「いい考えだと思いますが、お奉行さまがもらった一両は

         どうなさるおつもりで?」

         

        という若い男の人の素朴な問いに、

         

        「さぁ〜、」

         

        お奉行さまはとぼけた表情をして、

         

        「それは、その時になったら考えるかの〜」

         

        そう言い残し、そそくさと奥へ歩いて行ってしまいました。

         

        お奉行さまの後ろ姿を見ながら、若い男の人は、

        フフフ、と笑みを浮かべました。

         

         

        おしまい。

         

         

        JUGEMテーマ:人間関係

         

         

        続きを読む >>
        | 素直になれなくてもHappy♪ | comments(0) | - |
        雪だるま
        0
          シッポを切られたキツネ(イソップ物語より)

          「どう、ボクのシッポ、キレイだろう」

           

          子ギツネのポンタにとってシッポは自慢でした。

           

          「確かに、ふわふわしてる」

           

          「なめらかな毛並みだー」

           

          仲間の子ギツネたちも感心しています。

           

          ポンタは仲間たちが感心している声を聞くことが好きでした。

           

          ポンタにとってシッポは、自分の中で、唯一と言ってもいいほど、

          自慢できるものでした。

           

          しかし、そんなポンタのシッポに悲劇が起こりました。

           

          ある日のことです。

           

          子ギツネのポンタは自慢のシッポをゆらゆらと振りながら

          森の中を歩いていました。

           

          “ガシャン”

           

          「イテーッ!!!!!

           

          ポンタは悲鳴を上げました。

           

          自慢のシッポの辺りがジンジンと痛みます。

           

          ポンタがシッポの方を見ると、

          人間の仕掛けた罠にシッポが挟まっています。

           

          挟まっているだけならまだ良かったのかもしれません。

          よく見ると、ポンタのおしりとシッポが切れて離れていました。

           

          ポンタは痛かったので、しばらくその場でうずくまっていましたが、

          このままでは人間に捕まる、と思って立ち上がり、歩き出しました。

           

          シッポが切り落とされたために、罠に捕まることはなく、

          おしりの痛みをこらえながら自力で歩いて、

          なんとか家に辿りつきました。

           

          その日から数日間、ポンタはおしりが痛くて、

          家の中でずっと寝ていました。

           

          しばらくして、段々とおしりの痛みが収まっていきました。

           

          ポンタは改めて自分のおしりを眺めました。

           

          自慢のシッポが無くなったおしりは見事なくらい殺風景でした。

           

          ポンタは溜息をつき、下を向いて悲しい表情をしています。

           

          「こんなおしりじゃ、恥ずかしくてみんなの前に出られないや」

           

          ポンタはみんなに笑われている自分を想像しました。

           

          “ブルブル”

           

          そんな想像を振り払うかのように頭を振りました。

           

          でも、家にいてもお腹がすくだけです。

          外へ出ないで生活することはできません。

           

          なんとか、おしりを隠して生活することはできないかと考えましたが、

          なかなか難しく、いい知恵が浮かびませんでした。

           

          ポンタは頭を働かせました。

           

          ふと、ある考えが浮かび上がりました。

           

          「ん…、でも…、───いや、うまくいくかも知れないぞ」

           

          ポンタは満面な笑顔になり、みんなに会いに行くために

          家を出ました。

           

          ポンタはみんなが集まっている草原へやって来ました。

           

          「あ、ポンタだ」

           

          「ホントだポンタだ、久しぶり」

           

          「ポンタ、最近見かけなかったけど、どうしてたの?」

           

          と、仲間の子ギツネたちがポンタの姿を見つけて近寄って来ました。

           

          みんなが集まってくると、ポンタは得意そうな表情をしました。

           

          そして、

           

          「ジャジャーン!!」

           

          と、声を上げて自分のおしりをみんなに向けました。

           

          「あーーーーー!!!!!」

           

          みんなは目を見開いて大きな声を上げました。

           

          「ポンタ、シッポ」

           

          「どうしたの、シッポ」

           

          「自慢してた、シッポが無いぞ!」

           

          そんなみんなの驚く声を聞いて、

          ポンタは「フフーン」と笑みを浮かべて言いました。

           

          「切って、しまったのさっ」

           

          「えー、またどうして!」

           

          一匹の子ギツネが言いました。

           

          ポンタは得意げに続けます、

           

          「もう、重たくて、かったるいから、思い切って切り取ったよ!

           そしたら、清々しくなったよ」

           

          「え、清々しいの?」

           

          「へぇ、切ることできるんだぁ」

           

          と、子ギツネたちは口にしています。

           

          ポンタはさらに続けて、

           

          「君たちも、シッポなんて切り落としちゃえばいいさっ」

           

          と言いました。

           

          子ギツネたちは、自分たちのシッポを眺めました。

           

          ポンタは、得意げに笑いました。

           

          (みんな、その気になってるな、これでみんなも

           シッポを切ってしまえば、ボクだけ恥ずかしい思いをしなくて済むぞ)

           

          子ギツネたちはシッポを切り落とすなんて、

          思ってもみたことが無かったので、どうなんだろう、

          と自分のシッポを眺めていました。

           

          そんな仲間の姿を見て、ポンタは言いました。

           

          「さぁ、怖がらないで、みんなもシッポを切ってしまおう」

           

          というポンタに、

           

          「ちょっとまった!!」

           

          と、一匹のキツネが声を上げました。

           

          どこからか現れた、なんでも知っている長老キツネです。

           

          ポンタは、ヤバイと思いました。

           

          長老はポンタに近づくと、強い口調で言いました。

           

          「見損なったぞポンタ!」

           

          ポンタも他の子ギツネも驚きました。

           

          長老は続けます、

           

          「おまえがどんな理由でシッポを無くしたか知らないが、

           みんなをだまして、すすめることはないじゃろ!」

           

          なんだって!

           

          という驚きの声が、他の子ギツネから上がりました。

           

          そして、するどい目をポンタに向けました。

           

          みんなのするどい目を見てポンタは、

          引きつった笑みを浮かべましたが、やがて肩を落として、

          一言言いました。

           

          「ごめんなさい」

           

          もーぅ、

           

          と、子ギツネたちは呆れた声を出しました。

           

          「なんで、ポンタはそんなことを言うのさ」

           

          「ボクたちをだまそうとするなんて、ヒドイじゃないか!」

           

          子ギツネは口をそろえて言いました。

           

          ポンタは、消え入るような小さい声で言いました。

           

          「シッポがないのが、は…、は、ずかしくて……

           みんなに笑われると思って……」

           

          ポンタの言葉を聞いて、子ギツネたちは肩を落としました。

           

          長老はポンタに寄り添って言いました。

           

          「ポンタ、シッポを失ったおまえの気持ちはよーく分かる。

           でもな、恥ずかしがることはない。

           おまえにシッポがあろうが、なかろうが、我々は仲間だ。

           誰も笑ったりはしないよ」

           

          ポンタは顔を上げて、子ギツネたちの顔を眺めました。

           

          「そうだ!そうだ!」

          「だますほうがよっぽど悪い!」

           

          子ギツネたちはそう言いながら、うんうん、と頷いて、

          優しい表情でポンタを見ています。

           

          「み、みんな……」

           

          ポンタはみんなをだまそうとした自分を恥ずかしいと思いました。

          そして、涙を流して泣きました。

           

          泣いているポンタに長老は声をかけました。

           

          「しかしポンタ、おまえはみんなをだまそうとした。

           それは悪いことだ。よって、これからバツを与える」

           

          「バツ?」

           

          「そうしなければ、だまされそうになったみんなもナットクせん」

           

          ポンタは、仲間の顔を見ました。

           

          仲間も仕方ない、というような表情でポンタを見ていました。

           

          「ポンタよ」

           

          長老は厳格な口調で言いました、

           

          「バツとして、シッポを失った話を、今からみんなに聞かせるように」

           

          と、ポンタは長老の目を見つめました。

           

          長老は続けて言います、

           

          「そのほうが、みんなのためだ、みんなを危険から守ってくれる」

           

          長老の声は、少し優しい声になっていました。

           

          子ギツネたちも、うんうん、と頷きました。

           

          ポンタみんなの顔を眺めてから、涙を拭きました。

           

          「分かった」

           

          と、言って、ここ何日かの辛い日々を、みんなに話しました。

           

          子ギツネたちはポンタの話を真面目に聞きました。

           

          「それは痛かったねぇ」

           

          「辛かったろう…」

           

          話を聞きながら、涙を流すキツネもいました。

           

          ポンタは話しながら心が熱くなるのを感じたのでした。

           

          話しが終わった後、ポンタは長老に頭を撫でられました。

           

          ポンタは「ごめんなさい」と言ってから、

          大声を上げて泣きました。

           

          その後、ポンタはシッポがないことなど気にすることもなく、

          以前と変わらず、仲間たちと一緒に仲良く暮らしました。

           

           

          おしまい。

           

           

          JUGEMテーマ:悩み

          続きを読む >>
          | 素直になれなくてもHappy♪ | comments(0) | - |
          PR
          Happy♪を選んでね
          にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
          にほんブログ村

          最近更新したお話
          RECENT COMMENTS
          アンケート
          PROFILE
          PVアクセスランキング にほんブログ村

          童話でHappy♪のメルマガ登場!!
          メルマガ購読・解除
           

          童話・昔話・おとぎ話の「福娘童話集」

           
          このページの先頭へ