douwadehappy

童話でHappy♪

ハッピーエンドの童話たちが あなたの気分をHappy♪にしちゃいます
週2回(水・土辺りに)更新します

雪だるま
0
    【日記】日記を始めてみます

    こんにちは♪

     

    いつも読んでいただいてありがとうございます。

     

    今まで、童話でHappy♪の中では

    童話と感想文を掲載してきましたが、

    今日から、日記をつけていこうと思います。

     

    なんとなく、読んでくださったみなさんが「Happy♪」に

    なっていただけるような内容にしたいと思います。

     

    さて、そうは言っても、なにを書いて行こうかなぁ、と。

     

    総選挙真っ最中ですね。

     

    いきなり政治の話って、難しそうで、童話でHappy♪には

    合わないような気もしますが、

    ちょっと、ヘンな切り口で書いてみますので、お付き合いを。

     

    Happyな世の中にするもしないも、政治は重要なんです。

     

    その重要なことをする人を選ぶのが、選挙。

     

    候補者の皆さんは、国会議員になりたい!

    と夢を持って手を上げた人たちです。

     

    その人たちの、夢を叶えさせて「あげるか」「あげないか」

     

    選ぶのは、あなたです。

     

    ひとの夢に拘わるなんて、そう人生にはありません。

     

    ぜひ審査員気分を味わってしまいましょう♪

     

    国会議員を目指している候補者のみなさんの話に耳を傾けて、

    ちゃんとした夢を語っているか、聞いちゃいましょう。

     

    そして、叶えてあげたい夢を語ってる人を見つけたら、

    その人の夢を応援しちゃいましょう。

     

    そんな感じで見てみると、選挙も、

    ちょっとだけ楽しい気分になりませんか?

     

    | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
    雪だるま
    0
      【日記】なりたい自分に読んでなる

      最近、児童書を読む機会が多いです

       

      今も一冊読んでいて、

      その内感想文を書きたいと思っています。

       

      小説を読んだり、映画を見たあとなど

      物語の世界観にどっぷりハマってしまい

      主人公の仕草や行動をまねてしまうこと、

      ってありますよね

       

      アクション映画を見たあとなんて、その気になって

      わけもなくスタスタ歩いて、信号を、キリッ、

      と確認しちゃったりします

       

      まぁ、長続きはしないんですけど、

      でも、あの現象を長続きできたらなぁ〜

      なんて思っちゃいます

       

      なりたい自分や、憧れの人物の物語を

      読んだり見たりして、その気になったまま、

      行動が継続されたら、

      なりたい自分や、憧れの人物に

      なれちゃうかもしれません

       

      気持ちが薄れてきたら、

      また、それらの物語にふれて、

      その気になって、

       

      その繰り返しをしていたら

      持続って、できないですかね?

       

      理想の自分、憧れの自分、

      それに近い物語に継続的に触れてみる

       

      試してみる価値はありそうですね!(^-^)!

       

      | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
      雪だるま
      0
        【日記】ブッダのユーモア

        ブッダのユーモア活性術 役立つ初期仏教法話

        アルボムッレ・スマナサーラ  著

         

        という本を読んだので、お話します。

         

        お釈迦さまって、スゴイですね。

        改めてそう思いました。

         

        仏教って、なんだか戒律が厳しくて、

        修行も辛そうで、大変そうなイメージですが、

        どうやらそうではないみたいです。

         

        そもそも、お釈迦さまは、苦行を否定しているそうなのです。

         

        ある研究機関は、一番明るい宗教が仏教だというのです。

         

        穏やかで、和やかに修行しているというのです。

         

        確かに、アニメの一休さんしかり、

        大河ドラマ「直虎」の南渓和尚しかり、

        楽しいイメージが仏教にはあります。

         

        ひょうきん和尚、という言葉はありますが、ひょうきん神父、

        ひょうきん牧師、なんて言葉、あるのでしょうか?

         

        この本で言っている、ユーモアや笑いは、

        決して大爆笑するものではありません。

         

        クスッ、ともなりません。

         

        この本のユーモアは、

         

        相手のプライドや尊厳を傷つけない話し方

         

        という感じです。

         

        本当のことを伝えるときに、相手を敬いながら、

        お釈迦さまはユーモアを交えて説きます。

         

        それらのエピソードがこの本で紹介されています。

        読んでいくと、人生をHappyに暮らせるヒントが見えてきます。


        ただ、お釈迦さまは真実を正直に言うのでとても厳しいです。

         

        持っていた風船が飛んで、泣いている子どもに、

        あなたはどのような言葉をかけますか?

         

        仏教の人はとても厳しい言葉をかけます。それも当然のように。

        その言葉を本当にかけたら、子どもは泣きやまないと思います。

         

        でも、その言葉の意味を、深く理解できたとき、

        本当の、豊かな状態になれるはずです。

         

        子どもは泣くことすら、しなくなるでしょう。

         

        そんな話を、お釈迦さまユーモアを交えて説いてくれます。

         

        みんなが会いに行きたくて、話を聞きたくて人が集まってくる

        そんな存在の、お釈迦さま。

         

        宗教の本は難しいものが多いですが、

        さらりと読みたい、と、思う方にオススメします。

         

        | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
        雪だるま
        0
          【日記】ファミチキ先輩大好きです!

          地球最後の日!なに食べよっか?
           

          やっぱり、ファミチキかなぁ〜

           

          揚げ鶏やLチキも好きだけど、

          だんぜん「ファミチキ」先輩です

           

          その昔、ケンタッキーフライドチキン、といえば

          今以上に、骨つき肉が定番でした。

          そんな時にバーガー類がメニューに加わり、

          パクッ、と食べたとき骨がなくて、

           

          全部肉だー!

           

          と、骨なしチキンの美味しさに、喜び、

          感動したのを覚えています

           

          バーガーじゃなく、肉だけで出してくれないかなぁ

          と思っていましたが、ケンタから出る気配はありませんでした

           

          そんな中、数年が経ち、ファミマでスパイシーチキンが登場しました

           

          念願の骨なしチキンが、近所で気軽に食べられる!

           

          とても喜びました。

           

          でも、私は辛いのが苦手でして、辛くないの出ないかなー

          と、思っていたときに、ついにファミチキ先輩の登場です!

           

          もう、毎日のように食べてました

          あの違和感たっぷり過ぎの肉汁がたまらなく好きです

           

          今は、土曜日のお昼はファミチキという感じで食べています

           

          この時期、肉まん、ピザまん、ファミチキ、の3つをよくお昼に食べます

          私はこれを「ファミマゆかいなセット」と呼んでいます

          冬の時期の風物詩メニューです  V(^ν^)

           

          | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
          雪だるま
          0
            【日記】継承者に感謝!

            昨日は、安寿姫草紙の感想文をお届けました。

             

            この物語「山椒大夫」という題の説経節(語りものの芸能)

            として伝わり、

            1961年には「安寿と厨子王丸」というタイトルの

            アニメも作られています。

             

            これらの物語として一番有名なのが、

            森鴎外の「山椒大夫」だそうです。

             

            読んだことがなかったので、青空文庫で調べてみたら、

            ちゃんと掲載されていました。

             

            http://www.aozora.gr.jp/cards/000129/card689.html

             

            さすがです。

             

            昔の名作が気軽に読めちゃうなんて、スゴイ時代ですよね。

             

            近代の著作物は権利が長く守られるから、

            なかなか気軽には読めないのが残念ですね。

             

            童話でHappy♪なんて、著作権が厳しかったら、

            存在しないですから、先人のおおらかさに、感謝です。

             

            そして、それらをしっかり繋いでくださる方々にも

            感謝いたします。

             

            ありがとうございますニコッ

             

            | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
            雪だるま
            0
              【日記】ポテチ大好き!

              好きなお菓子、なに?
               

              ポテチが大好きです。

               

              チョコレートも好きですが、今日はポテチのお話をします。

               

              ふらのっち

               

              ってご存知ですか?

               

              JAふらのが出しているポテチ。

              この時期になると出てきますよね。

               

              一昨日、今シーズン初ふらのっちをいただきました。

               

              なんか、イモ感がイイんですよね〜

              甘いジャガイモを食べている感覚がある。

               

              脂っこさもないから、手もべとつかない。

               

              そして、なんといっても、そぼくなパッケージが好きです。

              今シーズンは、ちょっとリニューアルされたみたいですね。

               

              おじさんが、

               

              「美味しいイモが今年も採れたよ〜

               た〜ぁんと、おたべぇ〜」

               

              って、言ってるみたい。

               

              微笑ましいです。

               

              今シーズンは、何回食べれるかなぁ〜。

               

              | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
              雪だるま
              0
                【日記】洋画は「吹替え派」

                洋画は「字幕派 or 吹替え派」どっち?
                 

                昔は断然字幕派でした

                吹替なんてありえないとまで思ってました

                 

                でも、今は、吹替え派です。

                 

                だって皆さん

                「アナと雪の女王」の劇中に流れるあの歌なんて

                断然吹替えのほうがいいと思いませんか?

                 

                字幕派だった私が、吹替え派に

                なぜ変わったかと言えば

                字幕には文字数の関係で台詞全体の

                約4割しか表示できないと知ったからです

                 

                なるほど、吹替えのほうが分かりやすいのは

                そのためか、と

                 

                ただでさえ、外国語を日本語に訳して

                完全じゃないところに、6割近く削られ、

                その上、読み切れない台詞があったりしたら、

                更に減ってしまってしまう

                これでは、ほぼサイレントで映画を見ている

                ようなものです

                 

                それに、映画、なんだから、

                字を読まないで映像に集中していたい!

                 

                とは言え、字幕だったら、

                俳優さんたちの肉声が聴きけるし、

                なにより空気感を感じられる

                これは吹替えでは絶対に味わえない

                それこそ4割くらいしか伝わらないでしょう

                 

                なのでそれらを感じたいと思った映画は、

                吹替えで見た後に字幕で見るようにしています

                 

                内容を知ったうえで見るので、

                字幕の情報量が少ないというのが逆に都合がいい

                飛ばし読みしているような感じになるからです

                 

                そんな訳で、私は、吹替え派です。

                でも、お気に入り作品は、ハイブリッドで

                いいとこどり! って感じです(^ν^)

                | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                雪だるま
                0
                  【日記】街の本屋さん

                  アナタの街に本屋さんはありますか?

                   

                  ツタヤとかではなく、本をメインに扱っている個人商店です。

                   

                  広い店ではなく、棚も低くて、ちょっと静かで、

                  入口付近にカウンターがあって、

                  立ち読みしていると、たまにレジの音と

                  店員さんの話声だけが聴こえてくる。

                   

                  昭和にはいっぱいあった本屋さん。

                   

                  どんどん少なくなっていますね。

                   

                   

                  PHP8月号には、そんな状況でも、しぶとく?

                  生き残っている街の本屋さんが紹介されていました。

                   

                  尼崎市にある小林書店。

                  小さな店に入ると、店全体が見渡せ、

                  壁の棚には、表紙が見えるように本が並べてあるそうです。

                   

                  そして、殆どの本に、本の紹介文が貼られているそうです。

                   

                  なんでも、並んでいる本は、お店を営んでいるご夫婦が

                  実際に読んでみて、イイね、と思った本ばかりだそうです。

                   

                  棚に置いてある本に対する愛情が違います。

                   

                  そして、この本屋さん、変わっているのが、

                  本屋さんの片隅に、傘が置いてあるそうなのです。

                  DVDやCDではなく、傘です。

                  ちゃんとした売り物としてです。

                   

                  これは奥様のアイディアのようで、

                  阪神淡路大震災のあと、扱い始めたそうです。

                   

                  震災時のことや、傘を売り始めた切っ掛けなどは、

                  PHPのバックナンバーで読んでいただくとして、

                   

                  小さな本屋さんが生き残っていくためには、

                  大手やアマゾンと同じことをしていてはかないません。

                   

                  そんなことは、本屋さんが一番知っているでしょう。

                   

                  どうしたらイイか?

                   

                  本屋さんなのに傘を置いてみるとか、

                  固定観念を捨てた枠にとらわれない発想で、

                  想像力を広げること、考えもつかなかったアイディアが

                  思い浮かぶかもしれません。

                   

                  でも、本当に大切なことは、

                   

                  その本屋さんで本を買ってくださるお客様のことを

                  大切に思うこと。

                   

                  そして、そのお客様が喜んでくださることを、

                  続けていくこと。

                   

                  尼崎市の本屋さんは、そんなことを教えてくれます。

                   

                  お客様のために、独自のアイディアで生き残る本屋さんが、

                  全国に一軒でも多く残ってくれたらいいなぁ、

                  と、思います。

                   

                  | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                  雪だるま
                  0
                    【日記】向いている仕事ってなんですか?

                    『どうもこの仕事、自分には向いてないなぁ〜』

                     

                    なんて思ったとき、あなたはどうしてますか?

                     

                     

                    ありがちなアドバイスとして、

                     

                    「向いてる向いてないを決めるのはまだ早い」

                     

                    というものがあります。

                    最低でも3年はやってみろ、と。

                     

                    石の上にも3年、なんてことわざもあります。

                    冷たい石でも3年座っていれば暖まる、ということです。


                    仕事においては、1年一括りのようなところがありますから、

                    向いてないという結論を出すのは、3年くらい待った方が

                    いいかもしれません。

                     

                     

                    でも、3年もやらなくても、どう考えても、

                     

                    「向いてないな〜」

                     

                    という結論しか出てこないってこと、ありますよね。

                     

                    そんなとき、あなたはどうします?

                     

                     

                    石の上にも3年座れば暖まる、というのは

                     

                    『 石でも3年座ったら、慣れてくる 』

                     

                    と、言いかえることもできるような気がします。

                     

                    向いてる、向いてないにかかわらず

                    慣れちゃいます。

                     

                    慣れちゃえば、もうちょっと座っていられるかもしれません。

                    そのまま、座り続けちゃうかもしれません。

                    むしろ、その方が楽かもしれません。

                     

                    そこで想像してみて下さい。

                     

                    そのまま座り続けられると、幸せだと思いますか?

                    今、向いてないなぁ〜、って思っていることが、

                    続けられるとしたら、続けたいと思いますか?

                     

                    3年経てば、楽になり、継続できます。

                     

                    向いてないなぁ〜、と思ったら、
                    3年後の自分を想像してみて下さい。

                    楽になり継続できそうなったとき、

                     

                    自分は幸せそうですか?

                     

                     

                    JUGEMテーマ:仕事の悩み

                     

                    | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                    雪だるま
                    0
                      【日記】評価されることを楽しんじゃえ

                      今日はプロ野球のドラフト会議がありましたね。

                       

                      会議というより、くじ引き大会のほうが

                      合っている気もします。

                       

                      プロ野球選手のたまごの皆さんにとって、

                      ドラフトはまさに人生の岐路です。

                       

                      それまでの野球人生に、とりあえずの評価が下されます。

                       

                      ドキドキしますね。

                       

                      選ばれた人は、とりあえず、今までやって来たことが

                      評価されたと喜ぶことでしょう。

                       

                      選ばれなかった人は、今までやって来たことが

                      評価されなかった、と落ち込むことでしょう。

                       

                      前者は幸せ、後者は辛い出来事です。

                       

                      でも、本当はどちらも、

                      同じことが示されただけなのです。

                       

                      今の自分の実力。

                       

                      あなたの野球の実力はプロ級です。

                      あるいは、アマチュア級です、と。

                       

                      それが、今の自分の実力です。

                       

                      自分の実力を知る、って、ちょっと辛いケド、

                      とっても大切なことだと思います。

                       

                      実力を知れば、自分がどのくらいのところにいるのかが分かります。

                       

                      自分の居場所です。

                       

                      道を歩いているとき、自分の居場所が分からないと、

                      どっちに行っていいのか分かりませんよね。

                       

                      自分の居場所が分かれば、

                      もっと努力しなきゃだめだ、というのも分かるし、

                      別の方向を目指そう、という決断もできます。

                       

                      居場所を知るためには、評価をしてもらうことです。

                       

                      評価を恐れて避けていると、居場所を見つけられません。

                      努力もせず、目標もなく、ダラダラ過ごしてしまいます。

                       

                      評価されるということは、ある意味、酷なことですが、

                      それを起点に、歩むべき道を見つけることができます。

                       

                      評価されることを恐れず、

                      今の自分の居場所を確認しちゃいましょう。

                       

                      今の居場所が、これからの人生の

                      スタートラインになるハズです(^^♪

                       

                       

                      JUGEMテーマ:自己啓発・自分磨き・スピリチュアル

                      | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                      雪だるま
                      0
                        【日記】映画は映画で原作は原作で

                        ドラマ・映画の原作本!「読んでから観る / 観てから読む」どっち?

                         

                         

                        映画を観た後に原作を読むことは殆どありません。

                         

                        だって、十分、映画で楽しみましたから。

                        ふり返るとしたら、もう一回、映画を観ます。

                         

                        私は、映画など観るとき、殆ど前情報は入れません。

                        アクションかヒューマンか、確認するのはジャンルくらい。

                         

                        映画やドラマに限らず、小説も、

                        殆ど何も知らずに観たり読んだりします。

                         

                        目の前で起こる物語の流れで、すべてを受け入れたい

                        という思いがそうさせていると思います。

                         

                        内容を知らないで物語に入ると、目の前で起こることがすべて新鮮。

                        まさに主人公と同じタイミングで同じ経験ができる。

                        そんな臨場感が好きなのです。

                         

                        私の姿を、作り手が観察したら、意図したところで、

                        意図したとおりの反応をしているので、

                        きっとおもしろいことでしょう。

                         

                        でも、ちょっとデメリットもあって、例えばハリーポッターのように、

                        明らかに、小説を読んでないと伝わらない映画も存在するので、

                        そのような作品に出くわすと、なんだか置いてきぼりにされたと、

                        さみしい感じがします。

                         

                        でも、まぁ、それはそれで、そういう映画だと評価して、

                        改めて原作を読もう、という気にはなりません。

                         

                        あ、ハリーポッターはあくまでも例として挙げただけで、

                        原作も大好きです。

                         

                        映画は映画を観て、小説は小説を読んで、

                        その作品の中だけで、楽しみたいと思っています。

                         

                        | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                        雪だるま
                        0
                          【日記】雨の日はとにかく休む

                          雨の日の過ごし方、おしえて!
                           

                           

                          私は雨の日が好きです。

                          特に、雨の休日が大好き。

                           

                          朝起きて、今日は仕事しなくてイイ、

                          って思うだけでも幸せなのに、雨音が聴こえてくると、

                          さらにウキウキした気分になっちゃいます。

                           

                          なぜ雨の休日が好きなのか?

                           

                          何もしなくてイイ、って感じになるから。

                           

                          いい天気だと、洗濯しちゃおう、片付けしよう、

                          掃除しよう、車洗わなきゃ、

                          それより、出かけないともったいない!

                           

                          いろいろやりたいことが出てきちゃう。

                           

                          でも、雨の休日は、

                           

                          「今日は雨が降ってるから〜」

                           

                          の、一言で、やれない言い訳ができちゃう。

                           

                          そんな雨の休日が大好きです。

                           

                          そして、家でのんびり、

                          小説読んだり、ネットやったり、小説書いたり

                          ゲームやったり、テレビ見たり、昼寝したり、

                           

                          結局、いろいろしちゃうんだけど、

                           

                          それでも、

                           

                          やっぱり、

                           

                          雨の休日が大好きです。

                           

                           

                          つまり私は、インドア派。

                           

                          隙あらば、引きこもっていたいタイプです。

                           

                          | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                          雪だるま
                          0
                            【日記】ナゾトレはメンタルヘルス?

                            フジテレビの『今夜はナゾトレ』。

                             

                            一週おきの放送ですが、関連図書が売れてて、

                            なんだか盛り上がっている感じがします。

                             

                            今夜(10月31日)放送では、錯視画的な問題が出題されていました。

                             

                            答えが分からないと、全く見えないのに、答えが分かったとたん、

                            今まで気づかなかったのに、答えの方しか見えなくなってしまう。

                             

                            そんなところが錯視画のおもしろいところですが、

                            これ、実は人間の脳のクセを見事に表しているんです。

                             

                            『 錯覚の法則 』西田文郎 著 大和書房

                             

                            この本では、錯視画を使って脳がいかに騙されるか、

                            を解説しています。

                             

                            錯視画の中には、2つのものが同時に描かれているのに

                            どちらか一方に集中すると、もう一方は見えなくなってしまいます。

                             

                            そのように、脳は2つのものを同時に見ることができず、

                            一方に集中してしまうと、他のものは認識し辛くなってしまいます。

                             

                            「辛い」と感じるとき「もうダメだ」と思ったときなどは、

                            まさに、脳は「辛い」「もうダメだ」ということに集中してしまい、

                            その他のことを認識しなくなっています。

                             

                            そんな時は、辛いことやダメなことを

                            いろんな視点から見るようにするのが良い解決法なのですが、

                            一方向に集中してしまった脳を別の視点に向けるのは

                            けっこう大変なんですよね。

                             

                            落ち込んでいる時なんかは、尚更、別の視点になんて向けられない。

                             

                            そこでです。

                             

                            そんな時こそ、ナゾトレ、がオススメです。

                             

                            謎を解くためには、視点を変え、発想を転換し、

                            あらゆる方向から考えなければなりません。

                             

                            ナゾトレ問題をいっぱい解けば、段々、視点を変えることが

                            容易にできるようになり、難問が解けるようになってきます。

                             

                            ナゾトレの難問を解けるようになったら「謎」を解くことを

                            「辛い」や「ダメ」を考えるときに応用してみるのです。

                             

                            謎を解くように、辛いやダメを、視点を変え、発想を転換し、

                            あらゆる方向から考えてみる。

                             

                            そしたら、まったく違った答えが出て来るかもしれません。

                             

                            辛いやダメ、以外の答えが見つかったら、もう、こっちのものです、

                            脳はもう、新しい答えの方しか見えなくなります。

                             

                            状況は変わらないのに、脳は、辛いともダメとも認識し辛くなるのです。

                             

                            『 人生は脳に騙されるか、脳を騙すかにかかっている 』

                             

                            西田文郎さんが、上記紹介の著書の冒頭で書かれています。

                             

                            メンタルに強くなるために、ナゾトレで鍛えてみてはいかがですか?

                             

                            | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                            雪だるま
                            0
                              【日記】起きる時間を決めるとイイことが起こる

                              睡眠時間はどのぐらいですか?
                               

                               

                              睡眠は、なにに対しても大切です。

                               

                              成長、美容、脳の働き、体調管理、などなどなど。

                               

                              うつ病やアルツハイマーや認知症、ガン、なども

                              悪い睡眠が原因とも言われています。

                               

                              なるべく、良い睡眠を心掛けたいと思います。

                               

                              でも、良い睡眠をとることって、結構、やっかいなんですよね。

                               

                              よく8時間睡眠、とか、ゴールデンタイムに睡眠を、とか

                              4時間半寝れば十分だとか、いろいろ言われています。

                               

                              でも、実は、睡眠時間は個人差があって、

                              どういった睡眠がいいのかは、

                              その人しだいなところがあるんです。

                               

                              じゃぁ、自分は何時間眠ればイイんだ。

                              と、悩んで眠れなくなりそうです。

                               

                              そこで、一番、簡単に悩みを解消できることを

                              お伝えします。

                               

                              簡単なので、明日からできます。

                               

                              それは、

                               

                              「 起きる時間を決める 」

                               

                              です。

                               

                              仕事や遊び、お休み前の夜更かしなど、

                              同じ時間に寝ることは、意外と難しいものです。

                               

                              でも、毎日、同じ時間に起きるというのは、

                              やろうと思えばけっこうできちゃいます。

                               

                              どんなに夜更かししようが、同じ時間に起きてみましょう。

                               

                              一度決めたら、続けることが大切です。

                               

                              毎日、同じ時間に起きることを続けると、

                              体は段々慣れて来て、その時間が来ると、

                              ひとりでに起きられるようになります。

                               

                              そうなると、体は正直で、起きる時間に合わせて、

                              眠くなる時間を合わせてくれます。

                               

                              起きる時間を基準にして、自分の体がひとりでに、

                              最適な眠りにつける状態にしてくれるのです。

                               

                              こうすれば、他人のいう睡眠時間やゴールデンタイムなどに

                              まどわされることなく、自分に最適な睡眠時間を得ることができます。

                               

                              上手くいくかは個人差があるかもしれません。

                              でも、やってみる価値は、絶対あるので、

                              あなたも明日の朝から、是非、試してください。

                               

                              今まで感じられなかった、快適な日々が

                              おれるようになるかもしれませんよ。

                               

                              | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                              雪だるま
                              0
                                【日記】風邪ひいたのかな?

                                風邪ひいたのか、

                                体調がよくないです

                                 

                                だるい

                                 

                                でも眠くはない

                                 

                                なんだろ〜

                                 

                                午前中、

                                いい天気だったから

                                コンビニ行くのに遠回りして、

                                ぶらぶらお散歩してたら、

                                お日様の光を背中にいっぱい浴びちゃって、

                                汗かいて、薄着になって、

                                その後、そままで過ごしていたのが

                                よくなかったのかなぁ〜

                                 

                                気温差が激しいから、

                                体調管理は気をつけないと

                                って、思ってたのにな

                                 

                                葛根湯のんで

                                早く寝ますzzz

                                 

                                みなさんも、体調管理には

                                気をつけてくださいね

                                 

                                せっかくの三連休、

                                寝て過ごすのはさみしいですからね(^^

                                 

                                | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                                雪だるま
                                0
                                  久しぶりに風邪をひきました

                                  久しぶりに風邪をひいて寝込んでいます

                                   

                                  なんだか、へんな症状で、

                                  熱があるのに布団をかぶってると、

                                  暑くて寝れない、という塩梅です

                                   

                                  頭は痛いし、鼻水、咳はでるし

                                  しばらく主食はウィーダーでした

                                   

                                  でも、そんな時でも、ルルは効きました

                                  あっちゅうまに症状を緩和してくれます

                                   

                                  ルルのおかげで、この文章もかけてます

                                   

                                  週末には生還できると思いますので

                                  イルカと白ウサギの後編、更新します

                                   

                                  初の前後編だったのに、

                                  間に風邪っぴきが入るとは………

                                   

                                  皆さんも、気をつけて‼

                                  | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                                  雪だるま
                                  0
                                    【日記】ポジティブに捉えよう、って言われても……

                                    世の中の現象、ってすべて同じことが起きているんです。

                                     

                                    例えば、屋外で大勢の人がいるところで、雨が降っていたとしたら、

                                    自分も雨が降っているところにいるし、隣にいる人や

                                    周りの人のところにも雨は同じように降っています。

                                     

                                    それを文章で簡単に表現すると、

                                     

                                    屋外で大勢の人がいるところに雨が降っている、

                                     

                                    になります。

                                     

                                    でも、その雨の中にいる大勢の人、1人1人に訪ねると、

                                    ある人は、濡れるのがイヤ、と思っていたり、

                                    ある人は、涼しくなって気持ちイイ、と思っていたり

                                     

                                    別の人は、カサ忘れた、ツイてない、と舌うちしていたり、

                                    別の人は、可愛いカサ買いに行ける! と喜んでいたりします。

                                     

                                    同じ現象なのに、捉え方はバラバラです。

                                     

                                    自己啓発書などには、こんなフレーズがよく出てきます。

                                     

                                    “ようは、捉え方次第”

                                    “ポジティブに捉えましょう”

                                     

                                    屋外で雨が降って来て、ポジティブに捉えるなんて、

                                    なかなか難しいなぁ、と思っちゃいます。

                                     

                                    それに、なんでもかんでもポジティブに! となると、

                                    なんか逆にストレスが溜まりませんか?

                                     

                                    そこで、です。

                                     

                                    ポジティブとかネガティブとかでなく、

                                    ツイてる、ツイてない、でもなく、

                                     

                                    ちょっといったん立ち止まって考えてみるのはどうでしょう。

                                     

                                    さきほども書きましたが、実は、ただ単に、

                                     

                                    屋外で大勢の人がいるところに雨が降っている、

                                     

                                    だけなのです。

                                     

                                    それは、ツイていることでも、

                                    ツイてないことでもなく、

                                     

                                    気象現象、です。

                                     

                                    あなたのツキや運は、気象現象と関係ないんです。

                                     

                                    関係があるのなら、間違いなく!

                                    あなたは神さまです。

                                     

                                    あなたが神さまではないのなら、嘆いたり、喜んだりする前に、

                                    現状を踏まえて、今できるベストのことを始めてみませんか?

                                     

                                    ベストが無理なら、ベターなことでもかまいません。

                                     

                                    そうすると、状況はひとりでに、ちょっとだけ、

                                    ポジティブな方向へ進むとは思いませんか?

                                     

                                    なにかが起きたら、感情で捉えないで

                                    (感情が出てきてもちょっと立ち止まって)

                                    状況としてとらえて、その時できるベストな行動をとってみる。

                                     

                                    これをするだけでも、イヤな気分を味わうことなく、

                                    無理せず、ポジティブな方向へ進めると思いますよ。

                                     

                                    | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                                    雪だるま
                                    0
                                      【日記】常識なんて曖昧なもの

                                      11月15日に更新した『命の恩カエル』のもとのお話、

                                      福娘童話集の「近所に住む2匹のカエル」では、

                                      水たまりから動こうとしないカエルが、馬車にひかれて死んでしまいます。

                                       

                                      その物語の教訓として

                                       

                                      「自分の仕事がつまらないと思いながら、

                                       新しいところへ行く勇気のない人は結局損をするのです」

                                       

                                      と書かれています。

                                       

                                      日本人の常識では、仕事を長く続けることは良いこととされています。

                                      しかし、イソップは、それでは損をしますよ、と言っています。

                                       

                                      イソップの場合は “つまらない仕事” に限って

                                      言っているのかもしれませんが、日本人は、

                                      つまらなくても仕事とはそういうもんだと思って続けろ、

                                      と言います。

                                       

                                      ちょっとおもしろいですね。

                                       

                                      どっちがイイかはオイトイテ。

                                       

                                      わたしたちが思っている『常識』って、

                                      実は曖昧なものかもしれません。

                                       

                                      例えば、同じ日本人でも、就職氷河期に入社したひとなら、

                                      イソップの教訓は心に響かないかもしれません。

                                      しかし、転職ブームと言われた「バブル期」の日本人なら、

                                      共感するひとのほうが多かったことでしょう。

                                       

                                      歴史をさかのぼり、例えば太平洋戦争終戦直後の日本人なら、

                                      辛くても仕事があるだけ幸せ、と思うことが常識。

                                      江戸時代の日本人なら、生まれた瞬間から、

                                      将来どんな仕事をするのか、ほぼ決まっているのが常識です。

                                       

                                      今回は、仕事のことに絞って書いてみましたが、

                                      他のことでも常識なんて、その時々の環境で

                                      大きく変わるものなのだと思います。

                                       

                                      あなたが『常識だ』って思っていることも、

                                      本当に常識なのか、調べてみるといいかもしれませんね。

                                       

                                      因みに、わたしは“歯”を見るのが苦手です。

                                      自分の歯はいいですが、他人の歯を見るのが嫌いです。

                                       

                                      なんか、気持ち悪いんですよね。

                                       

                                      歯、とググってみたことはありませんが、

                                      出てくる画像一覧を見たら気絶してしまうかも知れません。


                                      それほど歯を見るのが嫌いなわたしですが、

                                      ほとんどのみなさんは、歯を見ても平気なんだ、

                                      なんとも思わないんだ、と、つい最近知りました。

                                      ホント、つい最近です。

                                       

                                      だって、別に日常生活していて、歯を見るのが平気か苦手か、

                                      なんて、なかなか話題にあがるもんじゃないですから。

                                       

                                      そんな訳で、長年にわたってわたしの常識だった、

                                      みんな歯を気持ち悪いと思っている、というのは、

                                      間違いだったのです。

                                       

                                      こんなこと、本当は、もっとたくさんあるのかもしれません。

                                      常識とは当たり前のこと。

                                       

                                      わたしが歯の話を誰ともしなかったように、

                                      特に確認せずに、気づかないところで間違った常識が

                                      何気ない顔をして存在しているのかも知れません。

                                       

                                      その常識、ホント?

                                       

                                       

                                      JUGEMテーマ:自己啓発・自分磨き・スピリチュアル

                                      | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                                      雪だるま
                                      0
                                        【日記】血液型には性格を決めるなにかがある?

                                        【お題】献血したことある?
                                         

                                         

                                        高校生のころに2回くらいしたような気がします。

                                         

                                        私は“B型”です。

                                         

                                        血液型と性格は一切関係ない!

                                        というのが、医師や心理学者の主な結論ですが、

                                        それを前提として、これから先を読んでください。

                                         

                                        学校に献血センターのバスがきて、

                                        それぞれの血液型に分かれて採血されました。

                                         

                                        A型とO型は人数が多いので、それぞれ1台のバスに入り、

                                        B型は同じく人数が少ないAB型と同じバスで採血しました。

                                         

                                        バスの中に入ると、ベットに横になり、血を抜かれながら、

                                        「痛てー!」とか「クラクラする〜」とか声を出している人がいます。

                                         

                                        「ヤクルトくれるよ」と話しかけてくる人に

                                        「俺、2本もらっちゃおうかな」とお茶らけている人もいます。

                                         

                                        とにかく、バスの中はとても賑やかでした。

                                         

                                        他の血液型のバスの中に入ったことがないので、

                                        中の様子を知るには他の血液型の人から話を聞くしかありません。

                                         

                                        私が聞いた人はとても少ないのであてにならないかもしれませんが、

                                        普通に静かだよ、という答えが多いです。

                                         

                                        バスの中が賑やかなのは、B・AB型のバスだけのようです。

                                         

                                        採血をするお仕事をしてるかた、そのへん、どうなのでしょう?

                                        お話を聴いてみたいです。

                                         

                                        血液型が性格を決めることは無い、と専門家は言いますが、

                                        どうしても、私は、血液型には性格を決めるなにかがあるのではないか、

                                        と思っています。

                                         

                                        | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                                        雪だるま
                                        0
                                          【日記】秘密基地を作るゲーム

                                          お題:はじめてやった「プレステのゲーム」なに?

                                           

                                          「A検廚任靴燭諭

                                           

                                          鉄道会社を育成するゲームです。

                                           

                                          とてもハマりました。

                                          全線黒字化するのが好きでした。

                                           

                                          醍醐味はマップの殆どを開発した状態で、

                                          マップの外周を囲む環状線を作ること。

                                           

                                          線路を引きたくても他社の不動産物件なんかが邪魔をして、

                                          うまく駅を拡張できなかったり、大変な思いをするのですが、

                                          それでも微調整したり、あり得ない線路の通し方をしたりして、

                                          一周、電車で回れるようにするんです。


                                          おかげで、地下にもぐったり、物凄い高さの高架橋を通ったりして、

                                          いろんな風景が楽しめました。

                                           

                                          全線開通したあとは、3D画面にして、

                                          ボケーっと眺めていました。

                                           

                                          何度見ても飽きませんでしたね。

                                           

                                           

                                           

                                          話しは変わり、プレステで一番好きなゲームと言えば、

                                           

                                          「AZITO」です。

                                           

                                          元祖ディフェンスゲームとも言うべき金字塔

                                          と、私は勝手に思っています。

                                           

                                          地下に秘密基地を作って、襲ってくる敵をやっつける

                                          というゲームです。

                                           

                                          TheTOWERの地下秘密基地版といった感じで、

                                          テナントの代わりに、敵をやっつける罠や、

                                          洗濯ルームの代わりに、指令室などを作っていきます。

                                           

                                          秘密基地なので、正義の味方のようなヒーローも存在します。

                                          続編では、版元から権利を得て、

                                          テレビでお馴染のヒーローを使えるシリーズも発売されました。

                                           

                                          とにかく、少年の心をくすぐるゲームでした。

                                          (私は大人になってからプレイしましたが……)

                                           

                                          スマホでもやりたいのですが、いつまでたっても出てこない。

                                          淋しいです……。

                                           

                                          と、プレステの話題だったので、書いてきましたが、

                                          私は生粋の「メガドライバ―」だったので、

                                          当時は「セガサターン」ばかりやっていました(^^;;


                                           

                                          | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                                          雪だるま
                                          0
                                            【日記】100円玉でなに買おう!

                                            12月11日は『100円玉の日』だそうです。

                                             

                                            福娘「366日への旅」

                                            http://hukumusume.com/366/kinenbi/pc/12gatu/12_11.htm

                                             

                                             

                                            たまたまですが、先週の土曜日更新のお話と繋がっているので、

                                            日記に認めておきます。

                                             

                                            その昔、100円玉1枚には夢がいっぱい詰まっていました。

                                             

                                            100円玉を自販機に入れればシュースが買えた。

                                            110円に値上がりしたとき、硬貨を2枚入れるのに

                                            違和感があったのを覚えています。

                                             

                                            100円玉をゲーム機に入れたら、家ではできない

                                            キレイで迫力のあるゲームができました。

                                            100円玉を高く積み上げて繰り返しゲームをしている人がよくいました。

                                            ぬいぐるみも取れましたね。

                                             

                                            今では、スマホでも遜色ないゲームができるので、

                                            よっぽどでもない限り、ゲーム機には入れなくなりました。

                                             

                                            その他にも、100円ショップに100円バーガー。

                                             

                                            100円玉1枚だけでお釣りもなく、やりとりできるものが結構ありました。

                                             

                                            現在は消費税との兼ね合いでが、なかなか100円玉1枚で

                                            買えるものは少なくなってきましたが、

                                             

                                            でも、なぜかお財布の中に、こいつが1枚でもいると、ちょっと安心します。

                                             

                                            特徴ある「100」の文字。

                                            感触がたまらないギザギザ。

                                             

                                            これからも、財布の中で存在感を発揮しておくれ。

                                             

                                            因みに、最初に出来た100円玉は銀貨でしたが、

                                            現在のものは、白銅貨だそうです。

                                             

                                             

                                            | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                                            雪だるま
                                            0
                                              【日記】メルマガ発行!!

                                              クリスマスメリークリスマスクリスマス

                                               

                                              きよしこの夜!

                                               

                                              遂に!!

                                               

                                              童話でHappy♪のメルマガができました!!やったー

                                               

                                              題して『 お便りでもHappy♪ 』です。

                                              (童話でHappy♪の右側のエリアに購読boxがあります)

                                               

                                              今まで書いて来た童話を一話ずつ日曜日の夜にお届けします。

                                               

                                              発行したばかりなので、どんどんリニューアルすると思いますが、

                                              「童話でHappy♪」ともども「お便りでもHappy♪」も

                                               

                                              どうぞ、よろしくお願いしますよろしく

                                              | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                                              雪だるま
                                              0
                                                【日記】2017年の大晦日

                                                お題:2017年、どんな1年だった?

                                                 

                                                 

                                                今年は、なんと言っても「童話でHappy♪」を始めたことが

                                                大きなことでした。

                                                 

                                                童話を読のも書くのも好きな私が、趣味の延長のように始めた

                                                ブログですが、皆さん、楽しんでいただいていますか?

                                                 

                                                イソップ物語など、大人が読んでもためになる童話はとても多いです。

                                                しかも、子どもでも分かるように書かれているので、分かりやすい!

                                                 

                                                児童書の分野まで広げてると、科学や歴史など専門的な知識を

                                                大雑把に理解したいときなどは小難しい大人向けの本を読むより

                                                ずっと頭に入ってきます。

                                                 

                                                でも、書店の児童書コーナーって、ちょっと入りにくいんですよね。

                                                しかも、やっぱり児童向けに書かれた文章は、ちょっと回りくどい。

                                                 

                                                そこで、大人でも読めるような童話集を作れたらなぁ〜、

                                                なんて、思い付きでできたのが「童話でHappy♪」です。

                                                 

                                                皆さん、少しはHappy♪な気分になれましたか?

                                                 

                                                来年は、今年以上に、皆さんをHappy♪にできるようにがんばります♪

                                                 

                                                皆さんにとって、来年が、

                                                 

                                                喜びいーーーーーっぱい♪

                                                 

                                                の年になりますように。

                                                 

                                                よいお年を(^o^)/

                                                 

                                                | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                                                雪だるま
                                                0
                                                  【日記】心温まるtweetですね

                                                  15時間立ち往生のJR信越線、乗客から運転士に感謝のツイート

                                                  「泣きたかっただろうし、帰りたかっただろうなと思います」

                                                  (ねとらぼ) - Yahoo!ニュース

                                                  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000039-it_nlab-life

                                                   

                                                   

                                                   

                                                  批判は多いようですが、現場は一所懸命だったようですね。

                                                   

                                                  これに応えられる体制を会社は整えないといけないませんね。

                                                   

                                                  それと、我々も、なんでも批判するクセも見直さないといけません……。

                                                   

                                                  反省。

                                                   

                                                   

                                                   

                                                  | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                                                  雪だるま
                                                  0
                                                    【日記】チーズをのせたお餅

                                                    童話は、3日中には更新しますm(_ _)m

                                                     

                                                    その前に、

                                                    お題:好きな「お餅の食べ方」どんなん?

                                                     

                                                     

                                                    磯部や納豆なんかも好きですが、

                                                     

                                                    チーズ餅が大好きです。

                                                    お餅にとろけるチーズを乗せて焼くだけのシンプルなもの。

                                                     

                                                    磯部にチーズを乗せてもイイですが、私が好きなのは、

                                                    チーズと長ネギと醤油を足したもの。

                                                     

                                                    これが旨い!

                                                     

                                                    チーズのコクと長ネギの辛味がうまい具合に絡みあって、

                                                    それを餅のシンプルな味が包み込み、

                                                    しょうゆが全体の味を支えてくれます。

                                                     

                                                    チーズと餅がぴょーんとのび合っているところへ

                                                    長ネギが加わってくる食感もたまりません。

                                                     

                                                    香ばしいので、磯部系ですが、

                                                    少し味の変化が欲しいときなどにオススメです。

                                                     

                                                    | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                                                    雪だるま
                                                    0
                                                      【日記】この演技を見れて幸せ♪

                                                      羽生選手のピョンチャンオリンピックの演技。

                                                       

                                                      素晴しかったです。

                                                       

                                                      全ての音を体で噤むプログラム。

                                                       

                                                      感動しました。

                                                       

                                                       

                                                       

                                                      宇野選手も良かった。

                                                       

                                                      フェルナンデス選手も良かった。

                                                       

                                                      ネイサンのFSも最高だった。

                                                       

                                                      Pチャンは、ラストにならないことを祈ります……。

                                                       

                                                      ステキな選手たちに、心から拍手を送ります。

                                                       

                                                      ありがとうございました。

                                                       

                                                      これからも、よろしくお願いします。

                                                       

                                                      | 管理者日記でHappy♪ | comments(0) | - |
                                                      Happy♪を選んでね
                                                      にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
                                                      にほんブログ村

                                                      最近更新したお話
                                                      RECENT COMMENTS
                                                      アンケート
                                                      PROFILE
                                                      ☆お買い物♪ お買い物♪☆
                                                      PVアクセスランキング にほんブログ村

                                                      童話でHappy♪のメルマガ登場!!
                                                      メルマガ購読・解除
                                                       

                                                      童話・昔話・おとぎ話の「福娘童話集」

                                                       
                                                      このページの先頭へ