douwadehappy

童話でHappy♪

ハッピーエンドの童話たちが あなたの気分をHappy♪にしちゃいます
週2回(水・土辺りに)更新します

雪だるま
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - |
    雪だるま
    0
      天文学者と地質学者(イソップ物語より)

      昔々とある村に、天文学者と地質学者が住んでいました。

       

      天文学者は日が落ちたあと、漆黒の闇の中でキラキラと光を放つ星空を見ながら生活していました。

       

      地質学者は日が昇ったあと、お日様の光に照らされた地面を見ながら生活していました。

       

      「おや、地質学者さん」

       

      「あ、あなたは天文学者さん」


      昼と夜が交差する、たそがれ時。

       

      空も地面もオレンジ色に包まれた昼でも夜でもない時間に、普段は殆ど顔を合わさない二人は水飲み場で出合いました。

       

      「これから、観測ですか?」

       

      地質学者が天文学者に聞きました。

       

      「えぇ、これからです」

       

      と答えてから天文学者は

       

      「今日も暑かったですか?」

       

      「えぇ、とても暑かったです」

       

      地質学者は首にまいた布で頬のあたりを拭いてから

       

      「もう、喉がカラカラで」

       

      と、湧水が流れているところに、水筒をあてて水を注ぎ、それを口に運びゴクゴクを飲みました。

       

      天文学者も腰から水筒を取り、水を注ぎました。

       

      そして水筒の蓋をしめながら言いました。

       

      「ところで地質学者さん、あなたはいつも地面ばかり見て歩いていて、退屈では無いのですか?」

       

      不意におかしなことを聞かれた地質学者は、

       

      「はて、退屈だと思ったことはありませんよ」

       

      と答えました。

       

      「そうなんですか、いやぁ〜、実にもったいない」

       

      と、天文学者は両手を広げて、暗くなり始めた空を見ながら言いました。

       

      「上を見ればこんなに素晴らしい景色があるというのに、下ばかり見ているのなんて、実に、もったいない」

       

      地質学者も顔を上に向け、空を眺めました。

       

      うす暗くなった空に、点々と星が瞬いていて、とてもキレイでした。

       

      「確かに、キレイですね」

       

      と、感動する地質学者に、

       

      「そうでしょう、キレイでしょう! こんな景色を見ないで地面ばかり見ている生活なんて、あなた、人生、半分くらい損していますよ」

       

      と、天文学者は言ってから「あ、ちょっと言いすぎましたね。では失礼」と、そそくさと去って行きました。

       

      地質学者は天文学者を見送りながら、もう一度、空を眺めました。

       

      「確かに、キレイだなぁ……、たまには星空を眺めるのもいいかも知れないな〜」

       

      と、近くにあったベンチに座り、しばらく星空を眺めていました。

       

       

      そして何日かが過ぎたある日のこと。

       

      ギラギラした太陽に照らされ、うだるような暑さの中、地質学者は地面を見ながら歩いていました。

       

      連日の日照り続きでで、水が少なくなり、あちこちで井戸が枯れてしまう被害も出ていました。

       

      「この辺も、だいぶ干からびてるなぁ」

       

      地面は渇き、時折風が吹くと、白い砂が舞い上がり風に乗って去っていきました。

       

      「おや?」

       

      人影もない渇いた大地で地質学者の目に何かとまりました。

       

      「あれは井戸かな? そうか、街の中に湧水が出るようになってから使わなくなった井戸だ」

       

      地質学者は井戸の中に水があるか、確かめに行きました。

       

      井戸の側でしゃがみ、中を覗き込みました。

       

      「おや?」

       

      井戸の中には奇跡的に水がありました。

       

      しかし、驚いたことに、井戸の中には水以外のものも入っていました。

       

      「もし、そこにいるのは誰ですか?」

       

      地質学者の問いかけに、井戸の中にいる人はすぐに上を向きました。

       

      「あ、地質学者さん」

       

      と、井戸の中から声がしました。

       

      「そういうあなたは、天文学者さん!」

       

      井戸の中にいたのは天文学者さんでした。

       

      「どうして、そんなところにいるんです? 井戸の点検ですか?」

       

      「いえいえ、そんな訳ないじゃないですか地質学者さんも人が悪いなぁ」

       

      と、天文学者は苦笑いをしながら、

       

      「昨晩に、夜空を眺めて歩いていたら、急に地面が無くなり、気付いたらこうなってしまったんですよ」

       

      「あ、そうだったんですか」

       

      「あの、地質学者さん、良かったらお話はあとにして、助けてはいただけないでしょうか?」

       

      確かに、井戸の中にいるのも苦痛だろうと思い、地質学者は近くにあった紐を井戸の中へ投げ入れ天文学者を助けてあげました。

       

      「いぁ、助かりました」

       

      天文学者が言うと、地質学者は答えました。

       

      「いいえ、助かったのは、井戸に水があったおかげですよ。水がクッションになって落ちた衝撃を和らげ、喉の渇きも潤してくれたおかげです、ラッキーでしたね天文学者さん」

       

      そう言われた天文学者は

       

      「ハイ、ラッキーでした! 水があったこともそうですが、それだけじゃない、地質学者さん、あなたのおかげです」

       

      と、言ってから続けました。

       

      「落ちたあとからずっと助けを求める声を上げていたのです。でも、誰も気づいてくれませんでした。日が昇り明るくなってからも叫んだのですが、誰も来てくれず、井戸から見えるのは青い空だけ、もうだめかと思っていました」

       

      天文学者は両手を広げ

       

      「そんな絶望的になっていた時に、あなたの声が聞こえ、見上げたら、日の光を浴びて逆光でしたがあなたの顔がうっすらと見えました、逆光が後光のように見えそれはそれは眩い光景でした」

       

      「はぁ〜、いあ〜」

       

      と、褒められて地質学者は背中がむず痒く感じました。

       

      天文学者は改めて言いました。

       

      「私は、上ばかり見ていましたが、これからは地面も良く見ながら歩くことにします。井戸の中から空を見上げるのはもうこりごりですからね」

       

      それを聞いて地質学者は

       

      「そうですね、それはいいですね」

       

      と言ってから

       

      「私も、あなたに言われてから、毎日、夜空を眺めるようになりましたよ」

       

      と続けました。

       

      そして、二人はお互いの顔を見なながら、ぎこちなく笑ってから、再開を約束して別れました。


      おしまい

       

       

      JUGEMテーマ:創作童話

       

       

      続きを読む >>
      | 考えが煮詰まってもHappy♪ | comments(0) | - |
      雪だるま
      0
        王様と望遠鏡(江戸小話より)

        むかし、むかし、ある国に王様がいました。

         

        一カ月前に王様になったとても若い王様でした。

         

        自分の国を立派にし、国民が豊かで健康に暮らせる国にしようと、志を高くもっていました。

         

        そんな新人王様の元へ商人がやって来ました。

         

        「今日は、望遠鏡をお持ちしました」

         

        「なんと!!!」

         

        望遠鏡と聞いて王様は大喜び。ずっと望遠鏡をのぞいてみたいと思っていたからです。

         

        「どれどれ、商人、望遠鏡はどこだ」

         

        王様は早く見せてくれと言わんばかりに、両手を商人の方へのばしました。

         

        「これにございます」

         

        商人は細長い形をした望遠鏡を差し出した。

         

        「おう、これが望遠鏡か」

         

        王様が望遠鏡を手にすると、王様の近くにいた家来が王様に声をかけました。

         

        「よかったですね王様」

         

        この家来は、とても頭がよく、王様がもっとも信頼(しんらい)する者でした。

         

        「おう」

         

        と、王様は満面な笑みをうかべ「使い方は知っとる、ここをのばしてのぞきこむんだな」

         

        大喜びで窓のそばまで走って望遠鏡で景色をながめました。

         

        お城は高い山の上に立っていて、一番高い場所に、王様の部屋はありました。

         

        ですから、窓からは国中がよく見わたせます。

         

        王様は、国民がどのように暮らしているか、幸せそうにしているかを望遠鏡を使って観察したいとずっと思っていました。

         

        「おお、見える見える、おっ、噴水(ふんすい)だ、水のひとつぶひとつぶが見えるぞ」

         

        願いがかなって、王様は大はしゃぎです。

         

        「手をのばせばさわれそうだ」

         

        王様は片方の手をのばして噴水をさわろうとしました。

         

        「よっ、ほっ、はっ」

         

        そんなかけ声を上げて、噴水をさわろうとしている王様に家来は、

         

        「王様、近く見えてもさわることができないのが望遠鏡でございます」

         

        「そうか、目の前にあるように見えて、実はすごく遠いんだったんだな」

         

        そう言って王様はちがう方向に望遠鏡を向けました。

         

        「おっ、今度は何やら人が集まっているな。台の上に人がいて、何か話していて、周りの人がその話を聞いておるぞ。あいつは、何を話しているのだろう」

         

        と、気になった王様は、のぞいていた望遠鏡を耳に当てました。

         

        それを見た家来は言いました。

         

        「王様、残念ながら望遠鏡を耳に当てても、遠くの音は聞こえません」

         

        「なんだ、そうかぁ、聞けたら便利なのに」

         

        王様は少しがっかりしました。でも、欲しかった望遠鏡を手にしてるので、すぐにきげんが良くなりました。

         

        そして今度は、国の入口にある広場の方へ望遠鏡を向けました。

         

        「あ、あれは姉上ではないか、旅から帰って来たのだな」

         

        王様は望遠鏡をのぞきながら、片方の手を大きく上げて、

         

        「おーい! あねうえー!! おかえりなさーぁい!!!!」

         

        と、大声でさけび手を大きくふりました。

         

        そんな王様を見て家来は言いました。

         

        「王様、あんなに遠くにいるかたには、王様の姿は見えませんし、声も届きませんよ」

         

        「そうかぁ〜」

         

        と、王様はかたを落として、

         

        「こんなに近くに見えるのに、あちらからは見えんのかぁ……」

         

        そう言ったあと、王様は静かに望遠鏡をのぞきました。

         

        望遠鏡を手にしたときのはしゃぎぶりとはうってかわり、無言のまま国中を見わたしました。

         

        しばらくして、王様は窓をはなれ、自分のイスに座りました。

         

        商人は、王様の前に片膝をつきました。

         

        「ありがとう、これは国を守るのに必要なものじゃ、できるだけ多くそろえてくれ」

         

        と言う王様に、商人は深々と頭を下げ去っていきました。

         

        商人が帰り、王様と家来の二人だけになりました。

         

        王様は静かな口調で、こう言いました。

         

        「わたしは、この城から望遠鏡で国民を観察し、生活を知ろうとした。しかし、望遠鏡では、国民にふれることも、声をきくこともできない。加えて……」

         

        王様はイスから立ち上がり窓に近づき外をながめました。

         

        「わたしがここからながめていても、国民にはわたしの姿が見えないのだな」

         

        家来は「ハイ」と答えました。

         

        王様は家来の方へ向き、

         

        「だからわたしは、望遠鏡で国民を観察することは止めにしたい」

         

        家来は静かに王様の話を聞いた。

         

        「わたしは直接、国民のそばに行って言葉を交わし、生活を知ろうと思う。その方が、ここから望遠鏡で国民を観察するよりも、理想の国を作るのに適していると思うが、お前はどう思うか?」

         

        家来は深々と頭を下げながら、

         

        「大変、素晴らしい考えかと存じます」

         

        「そうか」

         

        と、王様は満面の笑みをうかべました。

         

        「では、早速仕度をせい、これから街に降りて国民とふれ合う」

         

        「かしこまりました」

         

        その日から王様は、毎日街に出かけるようになりました。

         

        興味あるものにふれ、分からないことは気軽に国民に声をかけききました。

         

        王様に声をかけられ最初はとまどっていた国民たちも、何度か接しているうちに王様の人がらにひかれていきました。

         

        国民を観察することをやめ、ふれ合うことを選んだ王様は、国民からしたわれ、その国は、豊かで平和な国になったそうです。

         


        おしまい
         

         

        JUGEMテーマ:人間関係

        続きを読む >>
        | 考えが煮詰まってもHappy♪ | comments(0) | - |
        PR
        Happy♪を選んでね
        にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
        にほんブログ村

        最近更新したお話
        RECENT COMMENTS
        アンケート
        PROFILE
        PVアクセスランキング にほんブログ村

        童話でHappy♪のメルマガ登場!!
        メルマガ購読・解除
         

        童話・昔話・おとぎ話の「福娘童話集」

         
        このページの先頭へ