douwadehappy

童話でHappy♪

ハッピーエンドの童話たちが あなたの気分をHappy♪にしちゃいます
週2回(水・土辺りに)更新します

雪だるま
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - |
    雪だるま
    0
      だって親子だもの(江戸小話より)
      昔々の江戸の長屋に父、母、息子の三人家族が
      平穏に暮らしていました。
      
      ある日の出来事です。
      
      「あら、お前さん、帰って来ていたのかい?」
      
      夕飯の仕度をしていた奥さんは、
      不意に旦那さんがいることに気づきました。
      
      いつもは「今帰ったよ!」と威勢よく帰って来るのに、
      なんだか様子が変です。
      
      「どうしたんだい? なにか問題でもあったのかい?」
      
      と、旦那さんに尋ねました。
      
      「いやぁ、その、なんだなぁ」
      
      旦那さんは肩をすぼめ、奥さんと目を合わせたり反らせたり、
      そわそわしていました。
      
      「なんなのよ、忙しいんだから、早く話しておくれよ」
      
      奥さんがせかすと、旦那さんはボソボソ、
      っと何かを呟きました。
      
      「えっ、なに? 聞こえないわよ」
      
      奥さんは、耳に手を当てて聞き返しました。
      
      「いや、あの〜ぉ、なんだ…、おかねぇ〜……」
      
      「はぁ?」
      
      「お金を! 落とした……」
      
      「なんだってぇ!」
      
      奥さんは驚いて大きな声を出してしまいました。
      
      「おいおい、そんなに大きな声を出すんじゃないよ、
       ご近所に聞こえちまうじゃないかよ」
      
      旦那さんは困ったような表情をしながら、
      両手をバタバタさせて奥さんをなだめるような仕草をしました。
      
      奥さんのほうは、そんなことには構わず大きな声で、
      
      「いったい、いくら落としたの!」
      
      そう言われて、旦那さんはすまなそうに肩を落として
      「小判」と言ってから、右手の人差し指を立てました。
      
      それを見た奥さんは、
      
      「小判、一枚かい、もーう、まったく、稼ぎも少ないのに
       小判を落とすなんて、どれだけ間抜けなんだろうね!」
      
      旦那さんは、一回りも二回りも体をすぼめて
      小さくしぼんでしまいました。
      
      そこへ「ただいまー!」と息子が元気よく帰って来ました。
      
      帰って来た早々、息子は母親に嬉しそうな顔で言いました。
      
      「今ね、歩いていたら、小判を拾ったよ!!」
      
      「なんだってぇーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」
      
      母親と、小さくしぼんでいた父親が、
      驚いて息子の方に近寄って来ました。
      
      「でかしたゾ、わが息子!!!」
      
      父は大喜びです。
      
      「へへへ」
      
      息子も得意げな笑みを浮かべました。
      
      「えらいね〜ぇ」
      
      と母も満面な笑みを浮かべながらが「どれ、見せてみな」
      
      息子はとびっきりの笑顔で、元気いっぱいな声で言いました。
      
      「拾ったんだけど、家に着くまでに、どこかに落として来ちゃった〜」
      
      「なんだってぇーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」
      
      母も父も、目を見開いて驚きの表情を息子に向けました。
      
      両親の表情を見て、笑いに包まれていた息子の顔は、頬がヒクヒクし、
      こめかみの辺りから一筋の汗が落ちて行きました。
      
      父親は、ドサッ、とその場に座り込んで、頭を下げてうなだれました。
      
      母親は
      
      「まったく、そろいもそろって、なんて間の抜けた親子なんだろうねぇ、
       あー、情けない情けない」
      
      と、途方にくれ
      
      「もう、あんたたちのために夕飯なんて作ってられない、
       今日は夕飯ぬきだよ!」
      
      「えーーーーーー!!!!!」
      
      息子と父親は抗議の声を上げましたが、
      
      「うるさーーーーーーーーーい!!!!!!!」
      
      と、母親に鬼の形相で一喝されてしまい、二人とも
      しょぼんとしてしまいました。
      
      そこへ、
      
      「あの〜、お取込み中のところすみませんが……」
      
      と、誰かの声がしました。
      
      母親は鬼の形相のまま振り返りました。
      
      そこには、良く知った顔がありました。
      向う隣の奥さんです。
      
      母親は急に柔らかい表情になり
      
      「あ〜ら奥様、どうなさいました〜」
      
      と、猫なで声を上げました。
      
      向う隣の奥さんは、恐る恐る
      手に持った小さな袋を差し出しました。
      
      「あのぉ、道端でこれを拾ったのですが、
       奥さんがこれと同じ物を持っていたと記憶していたので、
       もしかしてと思いまして……」
      
      差し出された小袋を見て、
      母親は一瞬で自分のものだと分かりました。
      
      父親も息子もすぐに分かりました。
      
      それが母親の財布だということを。
      
      母親は何食わぬ顔で
      
      「あ〜ら嫌だわ、あたしったら、そそっかしくて、
       届けて下さってありがとうございますね〜」
      
      と、小袋を受け取り、深々と頭を下げました。
      
      向う隣の奥さんは、小袋を渡すと、
      そそくさと去って行きました。
      
      玄関に向かって頭を下げている母に、
      父と息子は厳しい表情を向けました。
      
      ふり返った母親は、二人の顔を見てから、
      
      「良かったじゃない、こうやって戻って来たんですから」
      
      と、言いました。
      
      そんなことを言われたところで、
      散々罵倒された父と息子が許すはずがありません。
      
      抗議の表情を続けていると、根負けした母親は、
      
      「分かりました、分かりましたよ、
       そんなに睨まないでおくれよ。悪かったよ、言いすぎたよ〜」
      
      と言ったあと、小袋と軽く持ち上げて、
      
      「お詫びに、これで何か食べに行こうかっ」
      
      「やったー!!!」
      
      父親と息子は両手を上げて喜び、
      
      「ボクうどんがイイ」
      
      「オレはそばだな」
      
      と、楽しげに話し出しました。
      
      「あんまり、高い物はダメよ、
       そもそもあんたは小判を落としてんだから」
      
      「それは言いっこなしよ、お互いに」
      
      と皆で笑いながら、火の元、戸締りを確認して、
      親子三人仲良く食事に出かけました。
      
      
      おしまい
      
      
      JUGEMテーマ:失敗は成功へのプロセス

       

       

      続きを読む >>
      | 失敗してもHappy♪ | comments(0) | - |
      雪だるま
      0
        欲張りな犬(イソップ物語より)
        小春日和の午後。
        
        一匹の犬がエサを加えて歩いていました。
        
        自分の顔から、はみ出るくらいの大きな肉です。
        
        犬は自分の家に戻ってゆっくり食べようと思い、早足で歩いていました。
        
        犬の目の前に川が見えました。
        
        この川を越えれば、自分の家はすぐこです。
        
        川を渡ろうとした時です。
        
        フト見ると、目の前に犬がいるのが見えました。
        
        しかも、自分と同じように肉を加えています。
        
        自分がくわえている肉より、目の前の犬がくわえている肉の方が、
        少し大きいように見えました。
        
        犬は、その肉も欲しくなり、横取りしちゃおうと考えました。
        
        そして、吠えて相手を威嚇しようとしました。
        
        “おっと”
        
        犬は吠えるのをやめました。
        
        ここで吠えてしまっては、自分の肉が口から離れ、
        川に落ちてしまいます。
        
        犬は、川から少し離れたところに、肉をやさしく置きました。
        
        そして、向きを直し、川に向かいました。
        
        するとどうでしょう、目の前の犬も
        肉を置いてこっちを向いているではないですか。
        
        これは自分と戦う気なんだな、と犬は思いました。
        
        それならば、先手必勝、とばかりに、
        犬は自分から目の前の犬に飛びかかりました。
        
        すると、目の前の犬も、自分に向かって飛びかかってきました。
        
        “このままではぶつかる!”
        
        犬はおもいっきり目をつぶりました。
        
        “バシャーン!!!!”
        
        どうしたことでしょう、目の前の犬とぶつかると思っていたら、
        なぜか川に落ちてしまいました。
        
        犬は慌てて川から上がり、びしょびしょになった体を、
        ブルブルと振って水を飛ばしました。
        
        そして川を遠くから眺めて、首をかしげました。
        
        おかしなこともあるもんだ、と思いながら、犬は早く家にかえろう、
        と思い、自分の肉をくわえて川を渡ろうとしました。
        
        川に近づくと、また、目の前に、肉を持った犬が現れました。
        
        とっさに、今度こそ逃がさないぞ!
        
        と思った犬は、思わず、
        
        「バウッ」
        
        と吠えてしまいました。
        
        すると、目の前に、大きな肉が現れました。
        
        肉だ!
        
        と、犬は一瞬喜びましたが、
        すぐに自分の口に肉がないことに気づきました。
        
        “あっ、あれはボクの肉”
        
        肉は川の流れに流されて行きます。
        
        “待て、待て”
        
        犬は、川に浮かぶ肉を追いかけました。
        
        “待って、待って”
        
        犬は必死に肉を追いかけました。
        
        “待って〜ぇ”
        
        しばらく追いかけたところで、運よく、木の枝に肉は引っかかりました。
        
        “そのまま、そのまま”
        
        犬は肉に追いつき、無事にくわえることができました。
        
        ふーっ、と犬は安堵しました。
        
        “それにしても、おかしなことが起こる川だなぁ”
        
        と、小首をかしげながら、今度はわき目も一切ふらず、
        
        家に向かって一目散に歩き出しました。
        
        そしてもう、この不思議な川には近づかないでおこうと
        犬は思いましたとさ。
        
        
        おしまい。
        

         

        JUGEMテーマ:失敗は成功へのプロセス

         

         

        続きを読む >>
        | 失敗してもHappy♪ | comments(0) | - |
        PR
        Happy♪を選んでね
        にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
        にほんブログ村

        最近更新したお話
        RECENT COMMENTS
        アンケート
        PROFILE
        PVアクセスランキング にほんブログ村

        童話でHappy♪のメルマガ登場!!
        メルマガ購読・解除
         

        童話・昔話・おとぎ話の「福娘童話集」

         
        このページの先頭へ